朝の礼拝-飽田先生のお話


本日の朝の礼拝では中学高等学校校長である飽田先生のお話を聞きました。
今月の聖句「神のさまざまな恵のよい管理者としてその賜物を生かして互いに仕えなさい」を児童たちに分かりやすい分かりやすい言葉に置き換え説明してくださいました。
また、児童たちは今月の聖句を、毎月日本語と英語の両方で学んでいます。
そのため、本日も飽田先生が「賜物という言葉を先ほど皆さんが”gift”と言っていましたが~」というように説明してくださり、日本語と英語の両方から意味を考えることができました。

今後も、今月の聖句などの聖書の言葉を通して、少し難しい言葉や表現に触れていきます。