お店屋さんごっこ


国語の教科書の学習から発展した「お店屋さんごっこ」をしました。
児童たちは国語の教科書の「ものの名まえ」の学習の中で、色々な物の総称を学びました。
例えば、トランペットや鉄琴などを総称して「楽器」、えんぴつや消しゴムなどを総称して「文房具」などです。
本日のお店屋さんごっこでは楽器屋さんや文房具屋さん、おもちゃ屋さんなどをグループごとに出店しました。
児童たちがどんな商品を売るかを考えて、商品や看板も絵を描いて作りました。
クラスごとにお店屋さんとお客さんを交代で行い、どちらの役割もとても楽しそうでした。
今度も児童たちが楽しみながら学べるよう、授業内容を工夫していきます。