私立小学校に通う児童への授業料等軽減事業に関するお知らせ


昨年度お知らせしました私立小学校に通う児童への補助金の内容が決定しました。

1.制度の内容について

私立小学校・中学校に在学している児童生徒の授業料を軽減する制度であり、年収約400万円未満の世帯(※)を対象として、授業料等の減免措置が受けられます。

(※ 父母の両方が働き、高校生以上の子どもがいない場合の目安です。ご家族の状況により、この年収額は変わります。詳細は、こちらの資料をご参照ください。)

2.対象となる方について

対象となる方は、本校に通う児童の保護者等で次の全ての要件に該当する方です。

(1)保護者の平成29 年度市町村民税所得割額が10 万2,300 円未満であること

平成29 年度の市町村民税所得割額は、お住まいの市区町村や出張所等の住民税の窓口で発行される「(非)課税証明書」、勤務先から配布される「市民税・県民税特別徴収税額通知書」等で確認ができます。

(2)文部科学省実施の調査に協力すること(支援を受けるための条件です。)

3.支給額・支給方法について

年額 100,000 円(本校が代理受領し、授業料を減額する方法となります。)

 

今回の制度で私立小学校への選択肢が広がるとうれしいですね。