いろいろな音を楽しもう


2年生の音楽の授業では、外部講師を迎え、様々な打楽器の音色を楽しみました。
タンバリンやトライアングル、クラベスなどたくさんの打楽器が、持ち方や叩き方、叩く場所によって音が変わることを学びました。
実際に叩いて見せていただく度に児童たちからは「音が変わった!」「すご~い!!」などと歓声が上がりました。
また、ヤギの爪や木の実でできた楽器など、見慣れない楽器を見せていただいたり、同じ楽器でも学校にある楽器とは少し違う形の楽器を見せていただいたりと、驚きの連続でした。

今後も音楽の授業では様々な楽器の音色を聞き、違いを感じながら楽しんでいきます。