共愛学園小学校のスクールバスについて


本校は、JR両毛線駒形駅北口から90m(徒歩2分)、県内で最も駅から近い小学校です。

駒形駅から徒歩2分と非常に近いため、1年生から電車通学を利用している子どもたちもたくさんいます。

しかし、小学生の電車通学は、まだ群馬県では一般的ではありません。

そのため、教職員が役割を分担して、子どもたちの安全を見守りながら、公共施設でのマナーや交通ルール等の指導も行っています。

具体的には、登校時は教職員が駅まで出迎え、下校時は駅のホームまで見送り、一緒に道を渡るときは、「ストップ!ライト、レフト、ライト。ハンズアップ!」と言って、英語にも触れながら毎日登下校をしています。また、子どもが電車に乗っていない場合には、教職員が手分けをして保護者に確認をとる体制も整っていますので、安心して電車通学をご検討ください。

 

また、本校までバスなどの公共交通機関が少ない場所からは、学園スクールバス「リムジン」を運行しています。

本庄駅から伊勢崎市を経由し、駒形駅まで運行している通称「本庄便」、前橋市富士見町から江木町を経由し、駒形駅まで運行している通称「前橋北部便」です。いずれの学園バス「リムジン」は朝1本、夕方2本、運行しています。

学園スクールバスは、本校にとっても皆さまにとっても魅力的な存在ですが、駅から最も近い小学校であるため現在のところ増便することが難しい状況です。

しかし、もしもの話ですが、将来的に大型「リムジン」から小型「シャトル」などにして増便ができれば、もっと本校に通いやすい環境となり、皆さまにとって本校が身近な存在になる可能性もありますので、すぐに実現することは難しいかもしれませんが、今後も検討は続けていきたいと考えています。