算数パスポート


1年生が休み時間に算数パスポートに取り組んでいます。
算数パスポートは1つの数字の全ての組み合わせを、リズムに乗ってスラスラ言えるまで繰り返すたし算の学習の一環です。
例えば「5」なら「5は1と2、5は2と3、5は3と2、5は4と1」となります。
スラスラ言えるようになったら、先生に聞いてもらい、合格ならパスポートにハンコをもらいます。
5~9を2回ずつ合格し、パスポートの全ての欄にハンコが揃うことをめざしています。

児童たちは休み時間に先生たちの前に列を作り、熱心に取り組んでいます。
一生懸命ですが、とても楽しそうです。
このように児童たちが楽しんで取り組める学習で、自ら学ぶ意欲を高めていきます。