スクールモットー

- 互いに愛し合いなさい -

わたしがあなたがたを愛したように互いに愛し合いなさい (ヨハネによる福音書15章12節)

可能性を広げる教育の3本柱

%e6%ad%a3%e6%96%b9%e5%bd%a2%e7%a4%bc%e6%8b%9d%e5%a0%82

Emotion

情操教育-こころ優しい子

毎朝の礼拝では、心を落ち着かせ1日の始まりを穏やかに迎えます。 週に1回の聖書の時間では、キリストの教えを一緒に学びます。 行事の一環としてボランティア活動に取り組みます。 このような学習を通して、自己と他者を認め大切にできる、思いやりをもって人と接することのできる児童を育成します。

 

Global

英語教育-英語が話せる子

1年生から6年生までネイティブの英語教員が授業を担当します。 体を動かしながら英語を学べる英語専用のイングリッシュルームを設置しています。 英語の授業時間数は、6年間合計で公立小学校(2017年4月現在)の8.5倍です。 このような学習を通して、英語を楽しく学び、日常生活で英語が話せる力を身につけます。また、国際性を身につけるとともに自国文化に誇りをもち、視野を広くもつことができる児童を育成します。  
Career

キャリア教育-目標に向かって歩み続ける子

振り返りの時間(繰り返しの時間)やKyoai Time(学年裁量の時間)があります。 学習定着度を一定にするための反復学習や、外部講師を招いての授業の時間です。 6年間の総授業時間数は、公立小学校(2017年4月現在)より1,237時間多くなります。 このような学習を通して、自ら目標を定め行動できる自主性と、協調して生きていくための社会性を育成します。

教育の特徴

英語の授業タブレット_result授業_result

◆児童たちの自ら学ぶ意欲を育む学習

児童が発言する機会を大切にしています。自分の頭で考え、積極的に発言できる環境が整っています。

◆ティーム・ティーチングで丁寧な指導

小学校は基礎学力を定着させるための大事な時期です。そのため、2人以上の教員による授業を基本とし、フォロー体制を整えています。

◆バランスの取れたカリキュラム

本校ならではのカリキュラムにより、英語と国語のバランスの取れた教育を実現し、児童たちの将来の選択肢の幅を広げます。